ビブリオバトルって?


ビブリオバトルは、誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。

みんなでオススメの本を持ちよって、5分間で紹介しあいます。

(バトルという名前がついていますが、決して丁々発止の論破合戦ではありません。)

 

詳しく知りたい方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。


やり方を説明しましょう。


 ルールはとっても簡単。以下の4ステップです。

 

【公式ルール】

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

 

もっと詳しい説明は公式サイトに掲載されています。


かわいいイラストでルール説明


東京都立多摩図書館さんの「やってみよう☆書評合戦」



ダウンロード
biblio_tamalibrary.png
PNGファイル 546.7 KB


有隣堂さんの、カワイイ動画

どちらも公式サイトのビブリオバトル素材集より。

 

 


もうちょっと詳しく。


 公式ルールだけではちょっと不安という方のために、ざっと補足説明します。

 

1)発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

  • まず、まわりの人に声をかけてみましょう。(3名集まればビブリオバトルが成立します)
  • お気に入りの本を1冊選んで、それを持って集まります。
  • 時計も用意します。(ストップウォッチとかキッチンタイマー、スマホでもOK)
  • 司会役を決めることをお勧めします。進行がスムーズになります。発表者が司会を兼ねても問題ありません。

2) 順番に一人5分間で本を紹介する.

  • 発表の順番を決めます。じゃんけんとか、くじ引きとか。
  • さて、ひとりずつ本を紹介していきます。持ち時間はひとり5分です。それ以上でも以下でもなく、5分きっちり。ゲームですからね。

3)それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。

  • 5分間の紹介が終わったら、そのあと質問タイム(シェアタイム)を2〜3分。
  • 質問は簡単なことでもかまいません。気をつけてほしいのは、本の批評や否定的な質問をしないこと。
  • この時間は批評の時間ではなく、あくまでもチャンプ本選びの参考にするための質問タイムです。
  • 同じ人の質問が続くと他の人が質問できなくなることがありますので、司会者はうまく調整してあげてください(質問がある人は挙手してもらう、とか)。

 「5分間で本を紹介」ー「2〜3分間の質問タイム」 これを人数分繰り返します。

  

4)全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

  • 投票の基準は「どの本を一番読みたくなったか」です。
  • 参加者全員の投票で決定します。
  • 発表者も投票します。ただし、自分以外の本に、ね。
  • 投票の方法はいろいろあります。挙手で決める、投票用紙に記入して集計する、など。その場の雰囲気に応じた方法をとってください。

一番多くの票を集めた本が「チャンプ本」です。おめでとうございます!

票数が同じなら、同立一位です。

 

これでゲーム終了。

でも。

このあとは、もっと詳しく聞きたいことを聞き合ったり、

お互いに本を手に取ってもらったり。ほかにどんな本を読むのか聞いてみたり。

ここからがビブリオバトルに集まった本来の楽しみ、だったりして。